ハーレーのバッテリー充電 充電編

たいが
たいが

実はハーレー乗りの私ですが、先日愛車のXL1200Vちゃんがバッテリー上がりを起こしてしまいました。

愛車とか言ってますが月1程度しか乗れていないというほったらかしぶりが祟りました。ごめんね。

バッテリーというメカ系に触るのは初めてだったので内心ドキドキ。

しかしネットで調べれば大概わかるという、恐ろしさはあるものの大変便利な時代です。

理論武装して取り掛かりました。

充電の様子

自分はマンション住みでガレージや駐車場に電源はないため、バッテリーをハーレー本体から取り外す必要があります。

バッテリーの取り外し、取り付け、それに必要な道具については後日まとめようと思います。

今回は充電編ということで

今回購入したもの

スーパーナット ハーレー用充電器

の1点です。楽天で3600円くらいで買いました。

説明書は付いています。この通りにやっていきます。

黄緑:鉛(Pb)バッテリーであることを示しています。

水色:12V

:プラス極

白:マイナス極

リチウムバッテリーには対応していない充電器ですので、購入前にバッテリーを外してチェックした方がいいでしょう。

手順

  • 充電器を家庭用電源(コンセント)につなぐ

緑のランプが点灯。

  • 充電モードの選択

6Vか12Vか、お手持ちもバッテリーに合わせ選択。自分のは12V(上の画像、水色で囲った丸の部分)のため、12Vで実行。

VOLT SWITCHで変えられます。

赤のワニクリップをプラス極につなぐ。

黒のワニクリップをマイナス極につなぐ。

繋ぐ順番はプラス、マイナスで。

ふたつの緑ランプが点滅するまで充電するといいでしょう。自分のは8,9時間ほどかかりました。

充電終了後

最初に充電器のプラグをコンセントから外します。

次に、黒のワニクリップ(マイナスプラグ)を外し、最後に赤のワニクリップ(プラスプラグ)を外しましょう。外す順番はマイナス、プラス。

つけるときとは逆になるので注意しましょう。

説明書通りにやればいいので特に難しいことはありません。バッテリーの取り外し、取り付けの方が難易度が高いです。

たいが
  • 26歳薬剤師です。
    ジーパンを中心にアメカジが好きです。
    薬膳、漢方にも興味あり。日々勉強中。
    ジーパンの色落ち、美容、健康など幅広く取り上げていきたいと思います。

ハーレー

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です