薬膳デザート「スピルリナヨーグルト」

たいが
たいが

池田陽子著の「1日1つで今より良くなるゆる薬膳。365日」からアレンジレシピを紹介。

おすすめの方

  • 便秘が気になる人
  • 野菜不足が気になる人
  • 乾燥肌の人

材料

  • ヨーグルト:約200g
  • バナナ:1本程度(切って冷凍したものを放り込んでいます)
  • スピルリナ&乳酸菌×酵素:大さじ1杯
  • はちみつ:小さじ1杯程度。適量
  • お好みでブルーベリー、キウイなどのフルーツ

難しいことは何もない。ただ混ぜるだけ。

スピルリナ&乳酸菌×酵素の良いところは食物繊維の豊富な大麦若葉、ビタミンの豊富ケールを配合しているところ。そもそもスピルリナが食物繊維、ビタミンが豊富なので守備範囲が広いイメージ。

青汁でも代用可能ですが、大麦若葉かケールのどちらか歯科配合されていないことが多いです。

欠点は混ぜた時に見た目が悪いことかな。ブルーベリーが入るとさらにひどくなります。

酸っぱい(ヨーグルト)と甘い(はちみつ)の組み合わせは漢方で酸甘化陰(さんかんけいん)と言って身体を潤す作用があります。乾燥で便秘も悪化するのでおすすめの組み合わせです。

バナナは暑がりの便秘におすすめの食材です。

注意事項

  • 大麦若葉、ケールが配合された青汁製品はビタミンKが豊富ですので血液をサラサラにするワーファリンの効果を減弱させますので控えた方がいいでしょう。主治医に要相談です。
  • はちみつは乳児ボツリヌス症を引き起こす危険性があるので1歳未満にはNG

いいものでも食べ過ぎたら毒です。用法用量を守ってカッコよくなりましょう!!

たいが
  • 26歳薬剤師です。
    ジーパンを中心にアメカジが好きです。
    薬膳、漢方にも興味あり。日々勉強中。
    ジーパンの色落ち、美容、健康など幅広く取り上げていきたいと思います。

美容薬膳

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です